• ホーム
  • エムラクリームの第III相臨床試験データ

エムラクリームの第III相臨床試験データ

カプセルと葉

医薬品と言うのは、販売が開始されるまでの間は何度も臨床試験を行うなどして薬の有効性や安全性を確認し販売が行われることになると言います。
また、新薬の開発というものは、長い期間がかかるだけではなく、膨大な費用が必要になることからも薬の値段と言う物は高額になるわけです。
所で、医薬品の一つに麻酔薬が在りますが、麻酔薬と言うのは、手術を行う時などに利用する医薬品であり、痛みを軽減させたり、痛みを感じさせなくするために利用するもので、一般の人が利用すると言うケースは少ないものです。

エムラクリームは麻酔薬の一つであり、アミド型局所麻酔薬と呼ばれるもので、塗布する事でI時間ほどの時間で患部が無感覚になるのです。
エムラクリームは、脱毛を行う時などに利用される人が多い医薬品なのですが、早漏などにも効果が有ることからもエムラクリームを利用する人も居ると言います。
また、エムラクリームには有効成分でもあるリドカインが含まれており、リドカインが男性の射精を遅らせる効果を持つことからも、リドカインが含まれている早漏防止用のスプレーも存在しているのです。

尚、エムラクリームは第III相臨床試験データの中で、エムラクリームの有効成分などの薬剤における、レーザー治療時の疼痛緩和に対する有効性と安全性が検証されており、安全に利用する事が出来る医薬品であることが確立されていると言います。
また、第III相臨床試験データは第II相臨床試験で設定が行われた、用法・用量の検証試験の実施における検証結果であり、第III相臨床試験を実施するにあたり、医薬品医療機器総合機構との対面相談を行って、得られた助言に基づいて、第III相臨床試験の実施を行っているのです。

関連記事
サイト内検索